MENUopen

山崎建設の家づくり

山崎建設の家づくり

体感ハウス見学 外断熱・新換気。住む人の健康を考えた家づくりを体感しませんか
資料請求【無料】
ギャラリー 山崎建設のこだわり、アイデアをご紹介。
スタッフ紹介
住宅品質確保法
施工エリア

施工エリア※その他の地域についてもお気軽にご相談ください。

千葉北西部

市川、浦安、鎌ヶ谷、白井、松戸、柏、習志野、八千代、佐倉、千葉、市原、船橋、四街道、木更津、袖ヶ浦、流山、大網白里、茂原、東金、八街、印西、成田、富里、山武、長生、君津、富津

東東京

江戸川区、江東区、葛飾区、足立区


外断熱が支持される理由

外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。外断熱を施すことによって、家中が冬はリビングのあたたかさにつつまれた、夏はさわやかさがいきわたった快適空間になります。また、居室だけでなく、小屋裏や床下まで有効に使うことができるのも特徴のひとつです。

また、支持されるもうひとつのポイントは、結露が発生しにくいということ。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命に貢献します。

屋根、壁、基礎をすっぽり包む。「外断熱」がもたらす、ここちよい空間

■一般的な内断熱

柱などの構造物の間に断熱材を充填する断熱工法です。施工の特徴上、断熱材には構造材によるキレ目ができます。構造材の部分は断熱材より断熱性能が劣り、熱が出入りしやすくなります。また床下や小屋裏空間は断熱材の外側なので、外気の影響をそのまま受けます。また、結露の心配もあります。

 

■外断熱

家全体を板状の断熱材ですっぽりと覆う断熱工法です。内断熱に比べて断熱する空間が大きく、家の隅々まで外気の影響を受けにくいことが特徴です。また断熱材にキレ目が無いので、壁面の温度変化が少なく、結露防止にも効果的です

内断熱と外断熱の断熱効果の違い【冬の場合】

内断熱と外断熱の断熱効果の違い【夏の場合】

体感ハウス見学 モデルハウスで体感!
株式会社山崎建設 0120-87-4088 受付時間 平日 9:00〜17:00
資料請求【無料】
お問い合わせ
Pagetop

株式会社山崎建設

【フリーダイヤル】0120-87-4088 受付時間 平日 9:00〜17:00

体感ハウス兼船橋事務所:〒274-0822 千葉県船橋市飯山満町1-835-19
TEL:047-422-3012 FAX:047-422-3017